専門家を頼ろう

借地権の売却を考えている場合、自分で地主と交渉を行うこともできますが、なかなか時間や手間のことを考えるとそれが難しいという人も多いかと思います。しかし、だからといって勝手に借地権を売却してしまうことは違反であり、後々大きなトラブルになってしまうこともあります。そこで、借地権の売買に強い専門家を頼ってみるのも1つの手段です。

様々な権利が複雑に絡んでいるため、借地権の問題を自力で解決するためには大きな労力が必要です。しかし、弁護士を通すとなると弁護士費用がかかってしまい、負担になってしまいます。そこで、借地権の売買に力を入れている底地取扱店に依頼するという手があります。通常の不動産屋ではなかなか扱っているところが多くない借地権に関しても、実績のある底地取扱店を選べば借地権の売買をスムーズに行うことが可能です。

底地取扱店では、土地を査定するプロや、法律に関する複雑な部分を弁護士などとも相談しながら借地権の売却を進めてくれるところもあります。依頼する際には、きちんと調べて信頼できる底地取扱店を選ぶことが重要です。インターネットで検索してみると無料相談無料査定などを行っていたり、地主との交渉を代行してくれる企業もあるので、まずは気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

推奨リンク|借地権売却-借地買取りドットコム

Pocket

第三者への売却

借地権を売却したいと考える時、地主に買い取ってもらわなければならないというわけではありません。勿論、地主に買い取ってもらうことも可能なので売却先の第一候補として考えることはできますが、第三者に対して売却することも可能です。例えば、店舗を建てている土地の借地権を、その店を継ぐ第三者へ譲渡したいといったことも可能です。

しかし、第三者への売却に関しては地主の承諾が必要になります。そして、その際には地主に借地権の譲渡承諾料などを支払わなければならない可能性があるため、事前に確認しておく必要があります。

第三者への借地権の譲渡には地主に対して一時金として借地権の譲渡承諾料を支払わなければいけない可能性があります。しかし、借地権の売却を承諾するか否かは地主に一任されており、場合によっては承諾料無しで売却の承諾をしてくれることもあれば、どれだけ高額な承諾料を提示しても地主が承諾しないという可能性もあります。

第三者への借地権の売却には、まず地主との協議が必要であり、そこで承諾を得ないことには売却をしたくてもすることができません。だからと言って勝手に借地権を売却してしまうと裁判にまで発展するトラブルになる場合もあるため、悩んでいる場合は専門家に相談してみることをお勧めします。

Pocket

借地権の売却

借地の上に建物を建てて生活したり、アパートや店舗を営んだりしている場合、土地を借りている人にはその土地を使用できる権利として借地権が与えられます。しかし、引越しや建物の老朽化などによってそれを手放したい場合や、借地権者が亡くなってしまい借地権を相続したといった場合に、その借地権を売却したいと考えることもあるでしょう。

しかし、土地自体は地主のものなので借地権を売却したいと思っても勝手に売り払ってしまうことは法律違反を犯すことになります。こうした借地権の売却には、土地の所有権と建物の所有権がバラバラなため、地主賃借人との間でトラブルになってしまうケースも珍しくありません。

借地権を売却する際には、地主の承諾が必要になります。その際に、借地権を地主に買い取ってもらうことも可能です。しかし、売却価格によってはトラブルになることもあります。まずはその土地の正当な売却価格を査定してもらい、地主との関係を壊さないように交渉することが必要になってきます。そのためには借地権の売却などについて精通している不動産鑑定士や業者を頼ったほうが良いでしょう。

当サイトでは、借地権を売却したいと考えている時に気をつけておきたいポイントについて紹介しています。借地権の売却にはデリケートな面も多く、トラブルに繋がることもあるため、事前に大まかなことを調べておいてから取り掛かることをお勧めします。借地権についての悩みを持っている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

Pocket