借地権の売却

借地の上に建物を建てて生活したり、アパートや店舗を営んだりしている場合、土地を借りている人にはその土地を使用できる権利として借地権が与えられます。しかし、引越しや建物の老朽化などによってそれを手放したい場合や、借地権者が亡くなってしまい借地権を相続したといった場合に、その借地権を売却したいと考えることもあるでしょう。

しかし、土地自体は地主のものなので借地権を売却したいと思っても勝手に売り払ってしまうことは法律違反を犯すことになります。こうした借地権の売却には、土地の所有権と建物の所有権がバラバラなため、地主賃借人との間でトラブルになってしまうケースも珍しくありません。

借地権を売却する際には、地主の承諾が必要になります。その際に、借地権を地主に買い取ってもらうことも可能です。しかし、売却価格によってはトラブルになることもあります。まずはその土地の正当な売却価格を査定してもらい、地主との関係を壊さないように交渉することが必要になってきます。そのためには借地権の売却などについて精通している不動産鑑定士や業者を頼ったほうが良いでしょう。

当サイトでは、借地権を売却したいと考えている時に気をつけておきたいポイントについて紹介しています。借地権の売却にはデリケートな面も多く、トラブルに繋がることもあるため、事前に大まかなことを調べておいてから取り掛かることをお勧めします。借地権についての悩みを持っている人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

Pocket