第三者への売却

借地権を売却したいと考える時、地主に買い取ってもらわなければならないというわけではありません。勿論、地主に買い取ってもらうことも可能なので売却先の第一候補として考えることはできますが、第三者に対して売却することも可能です。例えば、店舗を建てている土地の借地権を、その店を継ぐ第三者へ譲渡したいといったことも可能です。

しかし、第三者への売却に関しては地主の承諾が必要になります。そして、その際には地主に借地権の譲渡承諾料などを支払わなければならない可能性があるため、事前に確認しておく必要があります。

第三者への借地権の譲渡には地主に対して一時金として借地権の譲渡承諾料を支払わなければいけない可能性があります。しかし、借地権の売却を承諾するか否かは地主に一任されており、場合によっては承諾料無しで売却の承諾をしてくれることもあれば、どれだけ高額な承諾料を提示しても地主が承諾しないという可能性もあります。

第三者への借地権の売却には、まず地主との協議が必要であり、そこで承諾を得ないことには売却をしたくてもすることができません。だからと言って勝手に借地権を売却してしまうと裁判にまで発展するトラブルになる場合もあるため、悩んでいる場合は専門家に相談してみることをお勧めします。

Pocket